柔術をやり始めたら、足のサイズが大きくなりました。


 

柔術をはじめて一年が経ちました。
ようやく力の入れ具合などのコツが少しは分かってきたのか、疲れが1週間続くこともなくなってきました。指が巻き込まれて突き指やねんざをしてしまうことも少なくなりました。まずここまで来るのに1年必要でした。

 

しかし最近になって困ったことに気づきました。なんと足のサイズが大きくなったのです。40歳を超えてまだでかくなるのか!とにわかには受け入れることができなかったのですが、明らかにサイズが大きくなりました。25.5センチから26.5センチへ、1センチほど大きくなりました。

 

自分の足を眺めてみますと、ふむ、確かにじんわりうっすらと全体的に厚みが出てきたように見えます。おそらくは柔術で上になっても下になっても足で踏ん張ることが多いからだと思われます。体重の重い人なら相手に乗っかってるだけである程度プレッシャーをかけられるのですが、体重の軽いぼくなんかが相手を抑え込もうとすると、相当足で踏ん張ってプレッシャーをかけないと無理なのです。だから足の細かな筋肉が発達してふっくらしてきたのだと思います。

 

今日もしっかり地を踏みしめて歩きたいと思います!

web拍手

ページトップへ