黒船襲来!松陰を追体験できる下田。

shimoda

 

下田に来ました。
伊豆半島の南のほうで、かのペリーが黒船でやってきた港です。下田の湾には当時7隻のアメリカからやってきた黒船が停泊していたそうです。ここに7隻も、と想像しながら眺めていると胸が高鳴りました。

 

当時はもっとドキドキして眺められていたものでしょう。さらに眺めるだけでなくて、黒船に乗り込んで、アメリカに乗せて行ってもらおうと画策した若者がおりました。それが、松下村塾で有名な吉田松陰です。

 

停泊している黒船に小さな船でこぎつけて、直談判したそうなのですが、日米は和親条約を締結したばかりで、日本の法律を破らせてあなた達を連れて行くことはできない、と、断られてしまいました。

 

黒船襲来はUFO襲来くらいに衝撃的だった、とよく言われますが、そうであれば、停泊しているUFOに乗り込んで、言葉の通じない相手に宇宙に連れて行ってくれ、と直談判したようなものです。普通では無いですよね。

 

下田には不思議と松陰の気配を感じました。
出身地である萩を訪れたこともありますが、萩以上に、松陰の鼓動が感じられました。

 

このあたりから黒船を眺めたのかなぁ、とか、ここにひそんでいたのかなぁ、とか、このあたりをうろうろしたのかなぁ、などと松陰の行動を追体験するには持ってこいの場所だと思います!

 

web拍手

ページトップへ