長年使ってきた、ぼくのショルダーバッグ。吉田カバンのヒートシリーズを買い換えることにしました。

heat1

 

おそらく10年以上はこのバッグを使ってきました。吉田カバン、ポーターのヒートというシリーズのショルダーバッグです。ちょっとそこまでというときも、海外旅行にも、つねにこのバッグを携帯していました。ぼくは長財布を使いますが、おしりのポケットに入れて歩くようなことはしませんし、内ポケットの付いているジャケットをいつも着ているわけではありませんので、この長い財布の入るバッグが必要です。このバッグはその財布の長さにもちょうど良かったのです。

 

また、防弾チョッキなどに使われている生地、バリスティックナイロンでバッグの主な部分が作られているという点も気に入っていました。10年経っても、確かに穴が空く気配すらありません。いろいろな環境をくぐり抜けてきたこのバッグですが、ヨレてはいるものの、まだまだ使えそうな気配すらあります。それに海外ドラマ24が好きなせいか、こういう無駄なミルスペックにも弱いです。潜水もしないのに、100M防水とかに惹かれます。

 

お茶のお稽古にも便利でした。
ちょうど袱紗ばさみと替えの靴下が入るくらいの大きさなのです。

 

いろいろと物騒な世の中になりましたので、ライブのときも、財布やiPhone、タオル等を入れて、一緒にステージに上がっていました。おかげで盗難に遭うこともなく無事に来ました。

 

iPad mini にもちょうどのサイズです。
予備の電源なんかも入ります。内側にも沢山ポケットが付いていてとても使い良かったです。

 

***

 

こんなに使い勝手が良かったのに、どうして買い換えようと思ったのか。
あまりにもクタクタになってしまったからです。まだ使えそうではあるのですが、ここは心機一転新しいバッグで、気持も新たにしたいものだ!、とそう思いまして、買い換えを決意しました。

 

Freitagのメッセンジャバッグは雨に強そうだけど、最初から汚れている感じが、持って行く場面を選んでしまいます。ボストンバッグみたいなものにすれば、もっと入るぞ、とも考えましたが、あまりバッグが重たくなると、肩がこります。ギターケースもリュック型なので、リュックはなし・・。

 

相当悩み、もだえ苦しみましたが、結局同じものを買うことにしました。
しかし、よく考えれば、10年以上前に購入したバッグが、そのまま今でも買えるということはすごいことです。これめっちゃきにいってんねんけど、おんなじようなもんがなかなかないねん、あーあ、これのしんぴんがあったらそっこーかうのになぁ、なんてことがよくあります。

 

まさに「これの新品」が現役バリバリ普通に売っておりましたので、それにいたしました。

 

 

これからの10年もよろしくお願いいたします。

 

heat3

web拍手

ページトップへ