CATEGORY

音楽

  • 2014年4月18日

写真、音楽、本、デジタルで軽くなった行為やもの。

  猫の写真集や犬の写真集が流行っているのか、書店で目に付きます。また、ウェブを少し探せば、いくらでも可愛い猫や犬の動画、画像を見ることもできます。本当に手軽で良い世の中になったものです。少し前には決定的瞬間と呼ばれていたようなものがむしろ沢山あふれています。どうしてこんな素晴らしいことになったのかといえば、やはりカメラのデジタル化と携帯電話にカメラが付いたことが大きな要因です。 &nb […]

  • 2014年4月17日

褐色の聖母「グアダルーペのマリア様」にひとめぼれ

  アメリカで最も古いマリア像を観て、すっかりマリア様ファンになりました。そうなると、街を歩いていても無意識にマリア様に目が行くのでしょう。サンタフェのとある雑貨店でマリア像を見かけました。木彫りの像です。高さは30cmくらいでしょうか。やさしい目と表情にひとめぼれしました。両手を合わせていらっしゃいますが、まるで「まぁ、なんて素敵なお花でしょう!」とでも言っているように見えます。(たい […]

  • 2014年4月8日

これが最後かもしれないと思って生きること

  茶の湯の世界に一期一会という言葉があります。とても簡単に言うと、いまのこの瞬間は一生に一度ですよ、という意味です。無常という言葉にも似ていて、明日また会うことが決まっている人との今日の日も、もちろん二度と同じ瞬間はありませんので、一生に一度です。そのような心構えで茶の席にあたりましょう、という言葉です。   皆平等に、必ず死にます。そして、それがいつであるか、は基本的には分 […]

  • 2014年4月7日

シェルターのカメと歩行者にプレッシャーをかけてくる車のヒト

  横断歩道を渡っていると、人が渡り切るのを待ちきれない車が、クリープ現象を使って少しずつプレッシャーをかけてくることがあります。そないに偉そうにグイグイやらんでもええやないか、と思います。なにをとろとろわたりくさっとんじゃいちゃっちゃとわたらんかいぼけ、という気持ちもとても理解できますので、歩行者役のときはできるだけ小走りで渡り抜けるようにしています。   教習所で交通ルール […]

  • 2014年4月4日

見た目でバンドの音楽性を判断するな!

  ライブハウスで一緒に出るバンドと、本番前に楽屋でお話することがあります。最近ぼくはリーゼントなもので、初めて会うバンドの方だと、「そんな感じの音楽なんですか?」なんて吐かし・・、おっしゃって、こちらは「んなわけあるかいなだあほ」と心で思っていても、「いや、別に」なんて適当な答えを返すだけにしております。   hot buttered pool のバンド名の由来なんて調子に乗 […]

  • 2014年3月31日

YO!大統領。2014年4月10日@戦国大統領に出演する面々。

  ライブハウスブッキングというのは、つまり、ライブハウスの担当者がその日に出演するバンドを選んで決めるということを指します。この日はパンクだからパンクを集めよう、とかこのバンドとこのバンドを観に来る客は合いそうだ、とか単にこのバンドとこのバンドを合わせてみたい、とか、そんなことで決定されてるように思います。   ぼくたち、hot buttered pool はあまり自分たちで […]

  • 2014年3月29日

【昔は大変だったねぇ 後編その1】ろくに弾けないのにギターをやり始めたお話

  弾き始めたときはろくに弾けないのは当たり前で、正確には、ろくに弾けないのに、バンドでギターを担当しスタジオ練習に挑んだお話です。   歌いたい、という思いが15歳くらいから芽生えました。詩を書くのは得意であると小学生のときから思っていました。なので、詩を書いてそれを伴奏に合わせて歌って、とできればいいな、と考えていたのです。   しかし、ボーカル以外全パート募集! […]

  • 2014年3月19日

書道。アンドゥできる世界からの脱出

  20年位前からずっとアドビのソフトを使って仕事をしています。アンドゥ(やり直し)機能があり、相当前の作業まで戻すことができます。一度与えられてしまったこのような機能は、もうなしではやっていけません。日々、この恩恵に預かっていることは確かです。大変助かっております。   学生のころ、テトリスに夢中になった時期がありました。これをやり過ぎると、街中でビルを眺めながら、どの形をは […]

  • 2014年3月10日

またまた勝手に外交官しています

    ここ数年、友達になったスイスのバンドが毎年来日しているので、その折々に勝手に外交官活動をしています。せっかく日本に興味を持ってくれている外国人に日本の文化をよく理解してもらいたい、と考えて、できるだけお話するようにしています。   この日記に綴るように、毎日何かと考えごとをしています。そのことをできるだけこういう機会に外国人にも伝えたいと思って挑戦しています。英語はむち […]