CATEGORY

音楽

  • 2014年7月4日

格闘系ジムと茶道の社中とライブハウスの共通性

  格闘技系のジムというものに初めて所属しました。これまではスポーツジムの会員になって、勝手に器具を使ってトレーニングしたりしていました。スポーツジムは誰にも干渉されることなく、行きたいときに行って本当に勝手にやる感じでした。しかし、格闘技系のジムというと、道場な感じであり、スポーツジムなんかよりずっと皆が声をかけてくれるし、何だか仲間感があります。蹴られたり殴られたりして痛いですけど… […]

  • 2014年7月1日

オキーフは「茶の本 THE BOOK OF TEA」を愛読していた

  ニューメキシコ州に保存されている、ジョージア・オキーフの家を訪問した際、茶室のようだ、と感じました。そして、キッチンに置かれていた南部鉄瓶を見て、きっと鉄瓶で淹れるとお茶が美味しくなることを知っていたに違いない、などと想像しました。   先日、「オキーフの家」という本を改めて手に取りました。すると、看護人として、最晩年のオキーフの身の回りの世話をしていた、クリスティン・テイ […]

  • 2014年6月4日

ロック・ミュージックへの投資活動 〜ライブハウスで飲むビールの意味〜

  アメリカやヨーロッパの国にはチップの習慣があります。アメリカのレストランで食事をしてますと、「どう?いい感じ?」「おいしい?」「何か他にいる?」としつこいくらいに聞いてこられます。海外に行き始めた当初は、あら親切やねぇここの人たちは、と思っていましたが、やがて、それがチップのためであることを知り、まさにカルチャーショックを受けました。   サービスに対してお金を支払う。 こ […]

  • 2014年6月3日

バンドとかライブハウスとか売れるとか売れないとか

  音楽、特にロックバンドをやっている人の多くが「売れること」について考えたことがあると思います。このことでご飯を食べていく、ということはつまり「売れること」であり、そうでなければ、自分でお金を払ってせっせと活動をするだけです。趣味と言えます。   プロフェッショナルという言葉も、やはりお金をもらっているということとイコールな使われ方が多いです。しかし、アマチュアのバンドでもお […]

  • 2014年5月31日

「メインストリートのならず者」とバッタリ出会いたい。

  ローリング・ストーンズが好きです。初めての来日のとき、神戸から東京ドームにも行きました。豆粒ほどのミック・ジャガーでしたが、近所で同じ空気を吸っているってことに感動したことを覚えています。   大学生の頃は家でもよくストーンズを聴いてました。デビューアルバムや初期のナウはとても気に入って、何度も聴いてました。ストーンズは各時代にフィットした音作りをしてきましたので、80年代 […]

  • 2014年5月29日

はじめて台湾独立を叫んだ男、鄭南榕(ていなんよう)が格好良い

  もうカテゴリーに台湾って作ったほうがいいのではないかというぐらい台湾の話ばかり書いています。それほど、ぼくにとって、この隣国は強烈な印象を持っていました。   先に言っておきますが、ぼくは、そしてhot buttered pool は政治的思想的なメッセージを持たないバンドです。右とか左とか、どっちも好きですし、どっちでもいいです。そういったスタンスであるということを踏まえ […]

  • 2014年5月2日

台湾のライブハウス「Legacy」の熱い若者たち

  台湾に来たからには、最近盛り上がっているというライブハウスにも行ってみたい!ということで、Legacyというライブハウスに行ってきました。ちょうど、台湾のABCマートとVANSがスポンサーのイベントをやっておりました。入場は無料で、なんとビールも飲み放題。太っ腹!そして、無料ということもあるのかないのか、お客さんもとても沢山入っていました。オシャレな若者が集まっていて、普通に街を歩い […]

  • 2014年4月25日

ライブ演奏者は永遠に自分の演奏を聴く側になれない

  初めて自分の声をテープレコーダーに録ってそれを聴いたとき、なんて声してんだ、と誰もがなったのではないでしょうか。ましてや、それが歌声なんかだったりしたら、恥ずかしくて停止ボタンを押したくなったでしょう。普段自分が聴いている自分の声は頭蓋骨とかに響いているのを聴いているので、他人が聴いているそれとは違ったものになっているのです。つまり、自分の声は、他人が聴いているようには絶対に聴けない […]

  • 2014年4月18日

写真、音楽、本、デジタルで軽くなった行為やもの。

  猫の写真集や犬の写真集が流行っているのか、書店で目に付きます。また、ウェブを少し探せば、いくらでも可愛い猫や犬の動画、画像を見ることもできます。本当に手軽で良い世の中になったものです。少し前には決定的瞬間と呼ばれていたようなものがむしろ沢山あふれています。どうしてこんな素晴らしいことになったのかといえば、やはりカメラのデジタル化と携帯電話にカメラが付いたことが大きな要因です。 &nb […]